『ドリルを売るには穴を売れ/佐藤義典』のレビュー・感想


お客様目線になって仕事をするというのはよく聞きますが、具体的に何に気をつければいいのか考えたことはありますか?

本書は2007年に書かれた本ですが、マーケティングの基本はがとてもわかりやすく書かれています。今も昔も商売をする上で大切なことは変わらないのですね。

スポンサードサーチ

「ドリルを売るには穴を売れ」の内容

お客さまはモノではなく価値を買っている。価値から発想して、4つの理論で戦略を組み立てる。これがMBAトップスクールのマーケティングだ!廃業寸前レストランの復活ストーリー。

Bookデータベースより

お客様の目線に立つとはどういうことか。選ばれるためには何を意識しなければならないのか。

マーケティングのいろはをレストランを立て直そうとするOLの奮闘記を交えながらわかりやすく書かれています。

「ドリルを売るには穴を売れ」の重要ポイント

物を売るとはお客様になんらかの価値(ベネフィット)を売るということ。

ドリルを買う顧客は「ドリルそのものがほしい」のではなく、「穴を開ける道具がほしい」のである。

ベネフィットには機能的ベネフィット(安い、早い、うまいといったそのもの価値)と、情緒的ベネフィット(落ち着く、買ってつけたらモテる、達成感)の2種類に分けられる。

物を売るには売りたい相手を明確にする。誰にでもおすすめ!と20代向け!なら後者のほうが良い。

ターゲットを明確にしないと、自分たちが売るものの価値がはっきりしない。

誰にでも…は埋もれる。

価値の方向性は手軽軸、商品軸、密着軸の3つから考える。

物を売るには4P(Product、Promotion、Place、Price)に一貫性をもたせる。

スポンサードサーチ

まとめ

一緒に載っているOLの奮闘記があるおかげで、本書で書かれているマーケティングの基本をどのように仕事に活かすのかがわかりやすかったです。

これを自分の仕事に置き換えたら〜って考えながら読みました。

仕事にだけでなくブログにも応用できそうです。

競合より高い『価値』を提供すれば、『勝ち』はついてくる。

本書より


カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です